ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

後妻業 第3話までの寸評

更新日:

おはようございます。ニーガン・モーガンです。

本日はフジTV火曜のドラマ「後妻業」を取り上げます。

この先、ネタバレあります。ご注意願います。

Niigata smile TVより転載

泥臭く内容的に視聴率が取りにくい、ドラマです。ゴールデンタイムで主演が木村佳乃と高橋克典、それに対するは木村多江と伊原剛志です。ダブル木村の対決も話題にならず、低視聴率にあえいでいます。

後妻業を生業にする木村佳乃と、高橋克典は結婚相談所を運営しながら、木村佳乃にカモを斡旋する役どころです。

対する木村多江は木村佳乃にカモにされた泉谷しげるの娘で、昔馴染みで元刑事で探偵である伊原剛志と組んで、彼らを追い込んでいく役どころです。

いわばピカレスクロマンですが、木村佳乃の関西弁がドラマの暗さを救っています。木村佳乃も高橋克典も本当の悪党になり切れていないところがこのドラマを面白く見続ける助けになります。

この先、なぜ木村佳乃が次々とカモを乗り換えてまで、お金に執着するかという謎が解き明かされ、悪役から少しづつ抜けていくのでしょう。それが余り過ぎると、このドラマのパワーがなくなるような気がします。

木村佳乃も「相棒」や「僕のヤバイ妻」でも悪役を務め、イメージが固まってきました。しかし菜々緒と違い、ベビーフェイスなので、悪役になり切れない辛さがあります。もっとも、菜々緒も最近は悪役からの脱皮を図っているようですが。今回の木村佳乃はその関西弁で悪役ぶりが強調されています。

このドラマの私の一押しは、主題歌です。宮本浩次の「冬の花」です。おじさん好みの曲です。ちょっとうるさい曲ですが、おじさんがカラオケで歌いそうです。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.