ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

刑事ゼロ・記憶捜査・ベッキー結婚

更新日:

本日は上記2件の刑事ものについて触れます。ニーガン・モーガンです。

ビデオパスnaviより転載

「刑事ゼロ」は主演が沢村一樹で、その助手というか相方が滝本美織です。沢村刑事は伝説の有能な刑事でしたが、事故で過去の記憶を失い、助手の瀧本美織がいろいろと過去の沢村刑事の経験を伝えて、事件の解決に導くというコメディっぽいドラマです。

SPONICHI Annexより転載

8時のドラマにも関わらず、刑事もの故?沢村一樹の人気?10%を超える視聴率で健闘しています。沢村一樹も51歳ですが、その色気は衰えず、コメディの演技もいけてますね。

ニコニコニュースより転載

「記憶捜査」

瀧本美織は19歳で朝ドラ「てっぱん」でデビュー、そのあと「美男ですね」で主演を張り、ブレークするかと思いましたが、その後ぱっとしません。美少女振りも今年27歳で色あせてきました。注目していましたが、残念です。

舞台は“新宿東署刑事課司法係”
過去の街並みを完璧に記憶する主人公が
“記憶の街”で捜査する!

ゴールデン街、荒木町、早稲田、新大久保、新宿二丁目、三丁目―。
これらの街を管轄区域とした新宿東署では、日々多くの事件が起こり、刑事が認知していても動けない“手付かず案件”となっている事件が多くある。そんな新宿東署に、一人の車椅子の刑事が配属された。彼の名は、鬼塚一路(北大路欣也)。定年間際の最後の事件で、犯人に刺されて両足の機能を失い車椅子生活となった彼は、1年後、新宿東署刑事課の司法係長に再任用された。鬼塚は、新米時代と定年間際の二度、この新宿東署に配属されている。これにより彼は「昭和」と「平成」ふたつの時代を通して新宿の街の詳細な記憶を持ち、事件を推理する際、「記憶の街」として脳内に描き出すことができる。

“手付かず案件”により困っている人がいることを知った鬼塚は気になる事件を調べるようになる・・・そんな中、刑事志望の遠山咲(上白石萌音)とキャリアの刑事官・神啓太郎(風間俊介)が配属される。二人が車椅子の鬼塚の足となり、手付かず案件の捜査が始まる! (以上番組公式ホームページより)

キャストが北大路欣也・風間俊介・上白石萌音にさえない署長役で勝野洋です。これでは視聴率取れません。6%台をうろうろです。しかし刑事もの好きの私としては毎回面白く見ています。

北大路欣也も久々の主演で渋い演技が光ってます。新宿の生き字引的な北大路刑事が過去の経験・知識から犯罪を解決するという、内容です。

風間俊介はジャニーズっぽくなく、朝ドラの主演から、今は日本TVの「ZIP」のキャスターも務めたり、多才ですな。演技もうまい。

今朝、ベッキーが巨人のコーチと結婚というニュースが入りました。ベッキーもいろいろありましたが、その後復活、「くノ一忍法帖 蛍火」なんてドラマに主演、「水戸黄門」の由美かおるばりに、毎度お約束の入浴シーンで体当たり演技でしたが、いかにも演技力が伴わず残念なドラマでした。ベッキーお幸せに!

日本ブログ村ランキングに参加しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.