ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

家売るオンナの逆襲・初めて恋をした日に読む話

更新日:

おはようございます。ニーガン・モーガンです。

今日は上記の2大美人女優主演のドラマを取り上げてみましょう。

「家売るオンナの逆襲」は水曜、日本TVで放送中。いわゆるシーズン2です。北川景子演じるやり手の不動産屋、三軒家万智が知恵を絞って、客に不動産を販売するという話です。私も不動産業界に長くいたので、毎回興味深く拝見させていただいています。

CinemaCafe.netより転載

前回のシーズン1「家売るオンナ」は2016年7月からの放送で、平均視聴率11.1%とまずまずでした。決め台詞が「私に売れない家はありません」とオフィスの他の社員を働かせるときに髪をなびかせての「ゴー!」です。

前回と変わったのは、上司である仲村トオルと北川景子が結婚していること(何故?と思ってしまいます。)と、うざくてまるっきり使えないイモトアヤコが不動産屋を辞めて、スナックでアルバイトをしていることです。このイモトアヤコのうざい演技が卓越です。

cinema Cafe.netより転載

イモトアヤコは「下町ロケット」で天才的な技術者役をやってましたが、そのギャップというか、「家売るオンナ」の配役の方がはまり役のような気がします。

Cinema Cafe.netより転載

北川景子はDAIGOと結婚する前に「探偵の探偵」というドラマで、アクション・ハードボイルドに挑戦しましたが、今回はコミカルな役回りです。「忘却のサチコ」の高畑充希と同じようにぎくしゃくとしたロボット的な動きが流行りでしょうか。結婚しても変わらぬ美しさです。今回も全シーズンと同程度の視聴率を維持し健闘しています。

「初めて恋をした日に読む話」火曜TBSのドラマです。残念ながら平均視聴率8%台です。

主演が深田恭子。人生何をやってもうまくいかないしくじり女子で、塾の講師役。それを取り巻く男たちが永山絢斗・横浜流星・中村倫也です。男性陣は深田恭子に絡むには横浜流星以外はパワー不足です。

評論家の先生がネットで、深田恭子がこれだけ人生を失敗しているのに、相変わらずぼおっとした演技しかしていない、現実的ではないと、酷評していましたが、これが深田恭子の持ち味です。彼女にシリアスは似合いません。

36歳ですがこの存在感は貴重です。ぼおっとした演技をキープしてください。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.