ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

「家売るオンナの逆襲」第8話までの寸評

更新日:

おはようございます。ニーガン・モーガンです。
「家売るオンナの逆襲」の愛情相関図が面白い!

主役の北川景子演ずる三軒家万智は当然美人の設定ですから、もてもてです。

上司の仲村トオルの求愛を受け入れ結婚します。
嘘を言う性格設定ではないので、夫を「愛してます」という言葉は本当なのでしょうが、

なにせその愛情表現はゼロです。
家事はしっかりしているようですが、夫婦生活感は一切感じられません。
北川景子の私生活とも被ります。

他に部下の工藤阿須加からは上司への尊敬に加え、憧れに近い愛情も感じられます。
一方、商売敵であり幼馴染である松田翔太演じる留守堂謙治からも愛されています。
一方千葉雄大演じる優秀な営業マン安達聡は留守堂を愛してしまうという現代的な設定もありました。千葉雄大のおオネエ的演技もいけてます。

それにしても工藤阿須加は演技が上手になりました。
父親の七光で出てきた時とは様変わりです。
これは小泉孝太郎も同様です。

あと第7話で初めて?ボーリングに挑む北川景子がボールを両手で持ち、股の間から転がす演技にはぶっとびました。北川景子がそこまでやるかというところです。
北川景子は真剣にただの美人女優からの脱皮を図っています。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村


画像は日本テレビ/MANTANWEBより転載

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.