ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

「初めて恋をした日に読む話」第8話までの寸評 ネタバレです

更新日:

こちらも最終回に向けてばたばたしてきました。
ニーガン・モーガンです。

人生失敗続きの塾講師である深田恭子が人生の一発挽回をかけて挑む
横浜流星演じるダメ高校生「ユリユリ」を東大合格させるために奮闘しつつ、
そこに横浜流星始め、従兄の永山絢斗・横浜流星の高校教師中村倫也との恋の行方を絡めたドラマです。

第8話で話は大きく動きます。

横浜流星は模試で(多分)E判定(つまり非常に厳しいということ)で、その模試の間に深田恭子と中村倫也がデートしていたことを知り、さらに追い打ちをかけるように、文科省の高級官僚である父親(鶴見慎吾)が新設大学の許認可で政治家の委託を受け便宜を図ったのではないかという事件も起き、傷つきやすい高校生は完全にグレます。

それにしても高級官僚はとんでもない大邸宅に住み、エリートかもしれませんが
一商社マンである永山絢斗が都心を一望にするタワーマンションに住んでいます。
ドラマなのでありでしょうか。

結局、鶴見慎吾を動かした政治家は副幹事長?という大物で、その一人娘が中村倫也が別れた元妻という、???な設定でした。
しがない一高校教師と副幹事長の一人娘が結婚できたとは、ドラマです。

結局、中村倫也は深田恭子への愛のために、横浜流星の受験を成功させる→鶴見慎吾を救う→副幹事長に罪を認めさせる→バーターで副幹事長の娘と再婚する、
というとんでもない5段論法で、深田恭子の元を去ります。
しかし中村倫也男前です。惚れ直しました。

一方、もう一人の恋のライバル永山絢斗は3年間のモスクワ転勤を命じられます。

前にも言いましたが、横浜流星これで東大に受かったら、まじめに東大目指している受験生に失礼ですが、ドラマです。どうなることやら、、、

日本ブログ村ランキングに参加しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.