ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

「原島浩美がモノ申す」最終話までの寸評 ネタバレです

更新日:

ドラマ「原島浩美がモノ申す」が終わりました。
視聴率は5%前後をうろうろ。
10時台のドラマで、テレ東製作、主演が真木よう子では仕方ないですか。
私個人としては、リーマンショックの後、金融機関に散々悩まされた経験上、
バンカーものドラマは常に興味深く拝見しています。

このドラマの肝は、一支店の一課長が、(いくら有能とはいえ)、
副頭取である島津(柳葉敏郎)に反旗を翻すことで、びっくりです。
いくら頭取である鳩山(古谷一行)のバックアップがあるとはいえです。
その鳩山からも終盤では見捨てられます。
そのメガバンク?であるよつば銀行の副頭取島津がリストラ予定である、
台東支店を訪ね、原島浩美と丁々発止のやり取りをします。
大銀行の副頭取にしては軽率な行為です。
結局、島津の過去の不適切な営業行為をネタに、つぶす方針の桜庭地所を
生き返らせ、敵同士の頭取と副頭取も手打ちで、「めでたしめでたし」でした。
なんとも、とほほな幕切れです。

真木よう子もイメチェンを図っているのか、気取ったような話し方が、むむむ?でした。いつもトレンチコートを着ている姿も違和感を感じました。
真木よう子を取り巻く脇役陣にもパワーが感じられませんでした。

唯一、柳葉敏郎の悪役演技が光ってましたが、終わりの方は尻つぼみでした。
ただのおじさんの振りをして、ウクレレ教室に通っていたのはご愛敬です。

テレ東もまともに日テレ・フジ・TBS・テレ朝と普通のドラマで張り合うのは
いろいろな面から厳しいと思います。
深夜ドラマに特化するとか、ひねった趣向のドラマで勝負するとか、考えどころです。

ニーガン・モーガンでした。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.