ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

ドラマ「大全力失踪」巻き込まれ型ドラマ

投稿日:

おはようございます。ニーガン・モーガンです。

日曜NHKBSプレミアムのドラマ「大全力失踪」です。

2017年9月から8回に亘って放送された「全力失踪」の続編です。

ドラマ「全力失踪」は原田泰造主演で、「仕事も家庭もうまく行かず闇金からの借金も抱えた八方塞がりの主人公が、新たな人生を求めて現実から逃避し、失踪宣告制度により7年間行方不明になることで死亡したとみなされる“完全失踪”に挑むヒューマンコメディードラマ。第1回では不遇な境遇と失踪を決心するまでの経緯を、第2回以降は日本各地を流転しつつ人々との出会いと別れを繰り返していく姿を、残された家族のドタバタや闇金の借金取立人の追跡劇なども交えつつ描く」(「全力失踪」Wikipediaより転載)

一方今回のドラマ「大全力失踪」は「7年の失踪後、家に戻った磯山武(原田泰造)は、妻・聖子(緒川たまき)と娘・ななみ(優希美青)で家族経営のパン屋を営むも、赤字続きで四苦八苦。唯一めでたいのは、ななみが老舗商社の御曹子である白金雅也(山田裕貴)と婚約したことだが、雅也の父親は経済力のない磯山のことを軽蔑し、婚約を破棄させたがる。そんなある日、磯山は旧友の紅林(大澄賢也)とバーで偶然に再会。体調が悪そうな紅林から、あることを頼まれ、それがもとで再び失踪するはめになってしまう。」

(NHK「大全力失踪」HPより転載」)

今回磯山は金のために物を運ぶ役を引き受け、そのために暴力団組織から追いかけられ、
逃げる途中で出会った少女に頼まれ、親戚の家に送り届けようとしますが、少女誘拐犯にされてしまいます。
典型的な巻き込まれ型のドラマです。
巻き込まれ型で有名なのは、映画「ダイ・ハード」です。

ニューヨーク市警の刑事であるジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)が妻の会社のパーティで訪れたビルが「たまたま」テロ組織に占拠され、否応なく彼らと戦うという話です。

「ダイ・ハード2」ではマクレーン刑事が妻を迎えに空港に行くと、「たまたま」空港の管制システムがテロリストに乗っ取られ、仕方なく彼らと戦う。という話です。

「ダイ・ハード3」は違いますが「ダイ・ハード4.0」では「たまたま」あるハッカーを保護せよという命令を受けたばかりに、サイバーテロ組織との全面対決になってしまいます。

「たまたま」事件に「巻き込まれる」ということは、滅多にあることではないので、1回完結の映画ならば、説得力をもって成り立ちます。
しかし「ダイ・ハード」が「たまたま」大ヒットしたばかりに、続編が制作され、マクレーン刑事が「たまたま」再三、大事件に巻き込まれ、マクレーン刑事に「なんで俺ばっかが」と嘆かさせる羽目になります。
これが連続ドラマとなると、一段と苦しくなります。
流行っていない探偵事務所に毎週奇怪な事件が持ち込まれたり、「警視庁○○室」が毎週とんでもない犯罪と戦うとか、「ドクターX」は毎週だれも手が出せないような、超難関手術を手掛けなければなりません。

それでも刑事や医者はどこかで起きた事件や患者に立ち向かう、ある意味能動的ですが、この「巻き込まれ型」は完全に受動的です。
道を歩いていて、頭の上に落下物が落ちてくるようなものです。
この「巻き込まれ型」で毎週ドラマを作るのは骨です。
視聴者からの共感度も薄くなります。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.