ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

スペシャルドラマ「未解決の女、警視庁文書捜査官~緋色のシグナル」若干ネタバレあり

投稿日:

おはようございます。ニーガン・モーガンです。

スペシャルドラマ「未解決の女、警視庁文書捜査官~緋色のシグナル」です。

原作は麻見和史の書き下ろし小説「警視庁文書捜査官」です。

これが2018年4月にテレ朝で連ドラ化されまして、今回はそのスペシャル版です。

連ドラからの引き続きのキャストは以下の通りです。
主役は波留演じる矢代朋巡査部長、捜査中の負傷により、強行犯捜査係から、この特命捜査対策室の第6班(文書解読係)に移動となる。

殺人事件の時効が撤廃されたことに伴い、特命捜査対策室を沢村一樹演じる古賀清成警視が立ち上げ室長におさまる。
文書解読係のメンバーは高田純次演じる財津嘉延係長(警部)、遠藤憲一演じる草加伸司主任(警部補)そしてもう一人の主役、鈴木京香演じる鳴海理沙警部補です。
更に捜査一課長は内藤剛志が演じています。これは内藤剛志の連ドラ「警視庁捜査一課長」とコラボしています。

他に強行犯係の刑事として工藤阿須加と光石研も変わらず出演しています。

矢代朋は目が大きなことから、鳴海理沙からは「ホルス」と、古賀室長からは「目力」と呼ばれ、他に決めセリフとして、鈴木京香が事件の謎を解いた時の「文字の神様、降りてきた」があります。

今回のスペシャルでは、5年前に起きた連続殺人事件の現場に残された、品字様(品とか森のように同じ文字が重なって1文字となったもの)が大きな謎です。
5年後に京都でまた品字様が残された殺人事件が起きます。

京都で起きた事件のため、京都府警の刑事として谷原章介がゲスト出演、最後まで朋と捜査を続けます。
犯人はよくあるパターンで、「この大物俳優たちがまさか端役のわけはない」ということです。

原作は読んでいないのですが、犯人の動機や品字様を使う理由など、2時間ドラマレベルの説得力のなさでしたが、私は波留のファンなので、許します。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.