ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

今期のドラマ寸評

投稿日:

おはようございます。ニーガン・モーガンです。
今期のドラマがほぼ出そろいました。
ちょっと分類してみます。
(ちなみに30分ドラマは外しています)

1.まずは連ドラのメイン・王道の事件・捜査物
特捜9
ストロベリーナイト・サーガ
科捜研の女
緊急取調室
おしい刑事
家政夫のミタゾノ
執事西園寺の名推理
歌舞伎町弁護人凛花
大全力失踪

「家政夫のミタゾノ」以下はいわゆる、警察ものではありませんが、
事件が起き、主人公がそれを解決するという意味で、同じジャンルに含めました。

2.これも連ドラの王道の医療物
白衣の戦士
インハンド
ラジエーションハウス

3.最近とみに少なくなった学園物
俺のスカートどこ行った

4.サスペンス物です。これは1.事件物と被りますが、
あくまで、連ドラでストーリーが連続しているのが条件です。
ミストレス
あなたの番です
ミラーツインズ

5.最近多くなったビジネス&仕事物
集団左遷
スパイラル
わたし、定時で帰ります

6.トレンディドラマの時代が終わり減ってきた恋愛物
パーフェクトワールド

その他
向いのバズる家族
きのう何食べた
東京独身男子

前にも書きましたが、今回目立つのはLGBTを扱っているドラマが多いことです。
筆頭は「きのう何食べた?」です。あと30分ドラマで上記リストには入っていませんが、NHKの「腐女子うっかりゲイに告る」もLGBT問題を正面から取り扱っています。
他にも「俺のスカートどこ行った?」では古田新太がゲイで女装家を公言する高校の先生を演じ、「ミストレス」では元AKBの篠田麻里子がレズビアンカップルを演じています。

「家政夫のミタゾノ」では松岡昌宏が女装家?を演じています。

ことほど左様にLGBT問題は旬なテーマです。
「俺のスカート」や「ミタゾノ」は半分コメディですので、この問題に正面から取り組んではいません。取り組めば必然的に話が重くなります。

もう一つ重いのが「パーフェクトワールド」です。身障者の問題です。
ドラマですから、松坂桃李のようなイケメンが身障者役で、一級建築士の資格も取って立派に一人前以上の仕事もしています。事故前はバスケットボールの選手でもありました。
このような主人公だから、おもらししても、山本美月のような美人がついてきます。
現実の世界ではこうはいかないでしょう。
重い内容のせいでしょうか、視聴率6%程度です。

ミステリー物の「あなたの番です」「ミストレス」「ミラーツインズ」はそろって視聴率振るいません。キャスティングが弱いのが一因と、ストーリー連続物が受けなくなってきているせいでしょうか。私個人としては(自分の好みですが)「あなたの番です」と「ミストレス」が今期のNo.1、No.2です。

「向かいのバズる家族」も今時のネットの問題を大きく取り上げており興味深い作品となっています。
1.事件・捜査物は続編も多く、安定した視聴率の作品が多いですが、見逃しても何も困らないという、連ドラの続き物感のない、キャスティングで持っているドラマ群です。
これは医療物にも言えます。

「集団左遷」は「半沢直樹」の、「スパイラル」は「ハゲタカ」の再現を狙ったのでしょうが、残念な内容です。

NHK大河ドラマ「いだてん 東京オリムピック噺」は先週大河ドラマ最低視聴率の記録を作ったようです。
ピエール瀧でも味噌をつけました。残念な内容です。2時間ドラマ2回程度にすればよかったドラマです。キャスティングも残念でした。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

(C)日本テレビ/MANTAN WEBより転載
NHK公式ホームページより

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.