ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

ドラマ「ラジエーションハウス」最終話(第11話)までの寸評

更新日:

おはようございます。ニーガン・モーガンです。

天才放射線技師五十嵐唯織(窪田正孝)が主役というちょっとひねった医療ドラマでした。
実は医師免許を持っているにもかかわらず、幼馴染で放射線科医である甘春杏との約束を守って、杏を助けるためにあえて甘春総合病院で技師として働くという、一面純愛路線な話でした。
その幼馴染を杏が一切覚えていないというのが、展開に面白さを加えています。
放射線科技師仲間の遠藤憲一・山口沙也加他芸達者を揃え盛り上げます。
技師仲間の広瀬アリスは五十嵐にあこがれプラス片思いというかわいらしい役回りでした。
結局、杏の父親の難病を五十嵐が見抜き、杏の手に負えない手術のため、実は医師免許を持っている五十嵐が施術し、これがルール違反???ということで、大騒ぎになり、五十嵐は甘春病院を去りアメリカへ行きます。
キャスティングがよかったのでしょうか。窪田正孝と本田翼の主演でどうかなと思っていましたが、落ち目の月9にしては平均視聴率12.1%とまずまずの健闘でした。
やはり窪田正孝のオールラウンドプレーヤーな演技のうまさが光りました。
最後の方で目一杯、続編やります的な盛り上げ方でしたが、どうでしょうか。
とりあえず2時間物の続編はすぐやりましたが。

主題歌はMAN WITH A MISSIONの「Rememmber Me」でした。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


ドラマランキング

MANTAN WEBから転載

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.