ウォッチング・デッド

TVドラマ好きっ!

未分類

ドラマ「サイン」第9話(最終話)までの寸評 ネタバレです

投稿日:

おはようございます。ニーガン・モーガンです。

この韓国オリジナルドラマに関して、何度も韓国ドラマ特有の、政府のお偉いさんと警察他がずぶずぶの関係で、犯罪のもみ消しをするという日本ではありえないシチュエーションについて、疑問を呈していましたが、最終話で話が完全に破綻して、突っ込みどころ満載で、終わりました。

全9話で平均視聴率は約11%、弱いキャスティングプラス今流行らない通しのストーリーのミステリーのわりには頑張りました。

さて次期総理大臣候補である島崎の娘で連続殺人鬼である楓(森川葵)を守るため、島崎の秘書佐々岡(木下ほうか)や法医学研究院院長である伊達(仲村トオル)や警察上層部等等みんなで殺人事件の証拠隠滅に奮闘します。

打つ手に窮した柚木(大森南朋)はついに楓と直接対決、楓に柚木を殺させそれをビデオに録るという手段を選び、死亡。
これが第一の破綻です。普通のドラマでは主人公が自分の身を的に、ということはよくありますが、死にません。危機一髪で、犯人逮捕です。
しかし柚木は死亡。主役が殺されました。優秀な解剖医としてこれからも大活躍できるはずだった柚木がたった一人の殺人犯を捉えるためにその身を犠牲にしてしまいました。
わざわざそこまでするか?という感じです。

その柚木の解剖に関して佐々岡から自殺または病死で処理するように伊達に指示が行きますが、柚木の弟子である景(飯豊まりえ)が死体を拉致、解剖を勝手に始め、それを阻止するように言う佐々岡に対し、伊達は突如豹変、佐々岡を排除します。
この最後の土壇場での伊達の手のひら返しも不自然です。
その直前まで、島崎と一心同体で、放火研究院の独立化を島崎の力で成し遂げようとし、そのためには散々臭いものには蓋をしてきた伊達の変心です。
これも不自然です。

そして解剖の結果、柚木の死因は窒息死と判明します。が、あれあれです。
その後で、柚木殺害のビデオには、楓が何やら毒物を指に塗り、その指で柚木の唇を
なぜると、柚木は途端に苦しみだします。そこからの楓のクッションを使っての窒息死ですが、解剖でこの毒物はなぜ検出されなかったのでしょうか。
直接の死因ではないにしろ、死の前にあれほど苦しんだ毒が体内を回っているのですから、解剖医さん(景)、もっとしっかりチェックしてください。です。

もともとストーリーに不自然さが付きまとっていましたが、最終話のばたばたで話が完全に破綻してしまいました。残念です。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


ドラマランキング

(C)テレビ朝日/MANTAN WEBより

-未分類

Copyright© ウォッチング・デッド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.